西暦と元号

今年我が家には新しい家族がやってきました。その関係もあってこの1年は様々な書類を役所に提出しなければならなかったんです。

 

役所に出す書類というのは必ずと言っていいほど日付を記入する欄があります。それを見ていて不思議に感じたのが、なぜ同じような種類の書類であっても日付を「年号」で記入する場合と「西暦」で記入する場合があるのかということです。

 

同じ書類内で統一されていれば問題はないのでしょうが、どうしても毎回「今年って平成何年だっけ?」と考えてしまうので、西暦なら西暦、年号なら年号で揃えてもらいたいと感じてしまいます。そこに理由があるのなら良いのですが、実際は書類を作った人の好みだったりしそうで嫌だなあなんてことも考えてしまいました。

西暦の方がピンとくるのです

私は長年ニューヨークに住んでいたので、西暦で言うのに慣れていて、平成で何年と言われてもなかなかピンときません。西暦では2016年ということがわかって、東京オリンピックも2020年というように西暦で表示されているので、日頃から西暦を使うことが多くて、年号を使うことはかなり少なくなっています。

 

自分の誕生日も西暦でいうことが多いですし、西暦の方がピンときます。この際、年号はやめて、西暦で統一すればいいのにと思います。

 

海外に住んでいると年号は西暦でいうのが当たり前なので、他の年号で考える習慣がなくなってしまうのです。西暦はキリストの誕生が基盤になっていますが、ほかの宗教の人たちにも浸透しているので、西暦がいいです。